2013/03/21
婚約指輪(エンゲージ)の物語
「初桜(ういざくら)」の物語~ずっと咲き続ける初咲きのトキメキ~俄の婚約指輪のエピソード

今日の婚約指輪「初桜(ういざくら)」

 

3・2・1とスタートへのカウントダウンのような今日が、今年の桜の開花日になりました。

日本を代表する花、桜には「心の美」という花言葉があります。
いろいろ大変な時代になっていますが、心から美しく輝くように生きて行きたいものです。
そして初めて咲く花はそれだけでも美しく、その感動は忘れられないものになると思います。
人って不思議で、時をさかのぼって記憶を思い出すとき、心と身体の細胞は記憶のその時の状態に戻ると聞いたことがあります。
ジュエリーを見つめるときもそうだと思います。
素敵な思い出や記念が一緒に輝いてくれたなら、そこには、いつまでも初めての時や初心が宿り続けます。
だからこそ、クリーニングやケアも含めた長いおつきあいも、お願いしたいと思います。
特に温かくなるこの時期から初夏にかけては、衛生面からもジュエリーのクリーニング、おすすめです!

 

「人」と「我」で「俄」と書いて「にわか」と読む京都ブランドの指輪には
選んだ二人が一つになれる物語が宿ります。
そして物語の続きは、お二人で仲良く育んで下さいね。

 

初桜の詳細はこちら


PAGE TOP
NHKホットイブニングぎふ