2008/06/14
結婚指輪(マリッジ)の物語
「杜若」「凛」「綺羅」。漢字テストではありません。指輪の名前です。~俄の結婚指輪のエピソード

KさんSさん、今日はありがとうございました。

 

先週に引き続きお会いできて、指輪たちも幸せに輝いていました。もしかしたら日本初、多分世界初、の組み合わせになった
「杜若(かきつばた)」と「凛(りん)」と「綺羅(きら)」です。
おふたりの魅力にピッタリのデザインだと思っていましたが、それ以上のご縁を今日のお話を伺って感じましたよ。というのも・・・「杜若」の花言葉は「幸運の贈り物」です。
運の良いおふたりにピッタリです。

 


そして写真の「凛」は、人として内面から輝いていて、周囲の空気を浄化するような魅力のSさんにふさわしい作品だと。
そして「綺羅」は紡ぐ糸の重なりの美しさ、幸せを編む時の輝きがテーマで誠実なイメージがKさんにぴったりでした。
キラキラと美しいオーラは邪悪なものを寄せ付けません。
将来、変化する指輪の表情は変わっても、指輪のテーマやおふたりの初心は変わらないと思うのです。

 

 

この綺羅がKさんを守ってくれることを願いたいと思いました。
婚約指輪選び、結婚指輪選びをしながらのおふたりの、
お幸せの成長を拝見して嬉しくなりました。
わざわざ岐阜市からお出かけいただいた甲斐があったと思います。
奇跡のダイヤモンドもお届けできることになって、お伝えしたいことが尽きませんが、
5週間後の完成をお楽しみになさってくださいね。これからもお幸せを!!

 


PAGE TOP
NHKホットイブニングぎふ