2008/09/20
結婚指輪(マリッジ)の物語
月の雫と翔星。ウサギが住んでるのは①月②天の川③地球のどれでしょう?

秋はお月様のきれいな季節です。
昇太郎という名前は昇る太陽のイメージですが大好きなのは月。
月食で月が二つになって見えたら瞳の中がハートマークになるくらいです。
今年は月食に、中秋の名月に、想いを馳せていました。
という訳で、最近問合わせが多い月の雫と翔星を紹介したいと思います。

 

 

ペアのリングが月の雫(つきのしずく)、ダイヤのリングが翔星(ながれぼし)、秋の夜空に幸せを輝かせるようなこの作品たちは、結婚後も何かの時には女性が輝き続けられますように、との願いが形になっているみたいです。
ダイヤリングとマリッジリングを重ねるスタイルをセットリングといいますよね。

 

「エンゲージは要らないけどセットリングなら欲しいかも」という女性が増えていたりするのは、やっぱり結婚しても輝いていたいからなのでしょうね。
そういえばある男性が「一生を決める指輪にバリューセットなんて絶対駄目」と相談してくれました。その心意気は女性には嬉しいことですよね。
それから、男性の多くに「男女別々の指輪ってアリなの?」とも聞かれます。
答えはもちろんOK!ただし、好き放題ばらばらに選ぶのはNO。ちゃんと別々にする意味を一緒に考えましょう。そういえば以前この2作と星の船を選んで夜空を航海するような輝き一杯の未来を描いたお二人がいたなぁ。。。

 

ジュエリーって選び始めるといろんな本音が出てきます。お二人をけんかさせることは絶対しませんので、昇太郎を仲人代わりに活用してくださいね!


PAGE TOP
NHKホットイブニングぎふ