2009/09/25
みなさんへ感謝をこめて
アフターケアについて

沖縄県の麻倫さま、お電話ありがとうございました。

 

ご結婚11年目を迎えられ、スタートの年にお世話になった数々の宝物のひとつがタグホイヤーの腕時計でした。10年間のメンテナンス保証をずっとさせていただいていましたが、今回リューズが動かなくなり、たまたま沖縄の正規販売店さんに持ち込んだところ大変なことになってしまわれどうしたらいいですかとのこと。何でも店内で修理をしてみて、手に負えなかったらブランド元に送るとのお話で預けたそうですが、結果はリューズがもっとおかしくなったからやっぱりブランド元に、、、だったそうです。
この場合、正規販売店は店内修理を行うことはありえなく、ブランド元のカスマターセンターへ直送する約束になっています。熟練の職人さんが店頭にいても、純正部品がブランド元にしかない海外時計の場合、修理することはお客様の不利益になるからです。
当店でのタグホイヤーなど腕時計の販売はほぼ終了させていただきましたが、保証期間後の場合でもアフターフォローは永続させていただいています。
また、現在取り扱いを見合わせているクリスチャンバウアーも同様です。このほか、発売元が消滅したセイコージュエリーなどはOEMの製造元とのパイプがあるので大丈夫です。
麻倫さま、お手数をお掛けしますが宅急便の到着をお待ちしていますね。

ビジュトリーヨシダでは、販売させていただいたジュエリーの修理は製作元の職人さんに担当していただくことを大原則にしています。
ジュエリーは使用している貴金属の純度は同じでも、配合されている貴金属の種類が多様なこと、製作過程を知らない職人さんが修理を行うと作品の品質が低下してしまうことなどの理由からです。
海外製品の場合、本国に送って対応させていただく場合もありかなりの日数をいただく場合もありますがご期待以上の仕上がりになって帰ってきます。
また、オーダーメイドのご相談の場合、カタログや写真を持ち込んでいただいてもお引き受けしないのは知的財産権(商品の著作権のようなもの)を侵害する違法行為だからです。
一生お付き合いしていただく大切な指輪だと思うんです。
胸を張って使っていただけるジュエリーを提供させていただきたいと思います。


PAGE TOP
NHKホットイブニングぎふ